介護事務の資格

スポンサードリンク

ケアクラーク | 介護事務の資格

介護事務の資格

介護事務の資格として、(財)日本医療教育財団が認定するケアクラークという資格があります。


ケアクラークとは、介護事務業務の従事者として必要な介護保険関連の制度・運用、介護や医学の知識などの社会福祉制度や、コミュニケーション能力や介護給付費請求事務の窓口業務など、介護報酬請求事務などに関する知識と技能のレベルを評価・認定することによって、その職業能力の向上と社会的な地位の向上等に資することを目的としています。


受験資格

・教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者

・介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者


試験内容

学科 - 介護事務一般知識 筆記(択一式) 25問 50分

実技 - 介護報酬請求事務 介護給付費明細書作成 2問 60分


試験の対象

居宅介護サービス機関、介護保険施設等における日常的な事務処理、窓口業務、居宅サービス・施設サービス報酬請求事務等の業務に関する職業能力を評価の対象としています。

スポンサードリンク